全米NO.1を獲得したこの名曲。アコギとボーカルだけでここまで表現できるのかと感動したのを覚えています。

エレアコを購入した理由がこの曲と言っても過言ではないです。

プロ並みにはいきませんが、思いを込めてカバーしましたので、是非お聞きください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事