ゴルフドライバー

ゴルフの時代は終わったか

会社や取引先でそれなりの地位のご年配の方と仕事の合間に話をしていると、昔はよくゴルフに行っていたとか、海外でもよくやっていた、会員権に何百何千万円を費やした、という羽振りの良い話を聞くことがあります。

その話の続きには、今やそれらの会員権もただの紙切れ同然になってしまったし、最近はゴルフ場自体も少なくなってきたし、ゴルフ自体もしなくなってきたなぁ、という言葉が続いていきます。

私自身も昔海外にいた時は、毎週のように打ちっぱなしに行き、たまにラウンドを回っていたりしましたが、日本に戻ってきてからはかなり少なくなりました。

このような話ばかりを聞くと、ゴルフも下火になったのかなという感じは受けます。

実際に会員権の価格も投げ売り状態だったり、ゴルフをする人口も減ってきているように感じられます。

しかし、何だかんだで取引先の人や友人からいまだにゴルフに誘われることもあったり、ビジネス上でもやはりコミュニケーションの場として切っても切れないスポーツなのではないかなと思います。

また、バーチャルゴルフやシミュレーションゴルフといった施設やサービスもここ最近増えてきたように思います。

それだけではなく、むしろ野球やフットサルなどは年配の方には激しすぎるかもしれませんが、ゴルフはラウンドを歩き、ショットを放ち、ゆったりしながらも緩急をつけたスポーツで健康には良いものです。

ドライバーの飛距離が気になるときには

ゴルフにはパターのような繊細な部分もありますが、やはり何よりも遠くに飛ばすことが必要になってきます。

一番大事なのはスイング方法で、これについてはコーチや上手な人に教えてもらってスイングの基礎を身につける必要があります。

ただ、それで力任せで飛ばす人を目にすることも多いですが、力だけに頼ってしまうと、どうしてもあっちこっちにあらゆる方向に飛んでしまったり、安定した距離が出なかったりということになってしまいます。

重要になるのは道具です。

弘法筆を選ばずとは言いますが、弘法でない限り、やはり良い道具を使うことが望ましいです。

若い人や力のある人は飛距離を出すためにどうにかなるかもしれませんが、どうやっても飛距離が伸びないとか、昔に比べてボールが飛ばないなという時には、ゴルフクラブを変えてみるのも一つの有効な方法です。

高反発ゴルフドライバー【HAYABUSA】

今回おすすめしたいのは、こちらの高反発ゴルフドライバー【HAYABUSA】です。

こちらのドライバーはテレビや新聞でも取材された経験もあり、シニアゴルファーからの支持も非常に高いドライバーとなっています。

多くの人は20yd以上、飛距離が伸びたと好評です。

その秘訣は効率的に反発力をヘッドからボールに伝えるためのあらゆるメカニズムに基づいてドライバーの設計がされているからです。

ステンレスとチタンの直接溶接によって重りをヘッドの一部として一体化に成功させたことで、高初速を生み出していたり、強度がありながらも強く伸びる素材「Ti983チタン」を使用していることで抜群の反発力を生み出したりしています。

様々な確かな技術のもとで生み出されたHAYABUSA。

是非一度手に取って、飛距離が伸びる快感を得てもらえればと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事